猫達と付き合う様になったきっかけはクロとミーコという兄妹猫でした。
賢い猫、心優しい猫、やんちゃな性格の猫、ほんといろんな猫たちとの出会いがありました。
猫たちから学ぶことも沢山あります。
最近は顔を見ただけで性格も少し解るようなほどになったような気もしております(^_^;)

猫たちは弱い立場に置かれています。
だからこそ人間が守ってやらなくてはいけないと考えております。
残りの人生は猫たちと共に生きたいと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。
保護した子猫は「ハッピー」
ヒロリンさん、昨晩はコメントありがとうございました。
保護した子猫の名前を「チョコ」から、「ハッピー」に急きょ変更することにしました。
今日も一日様子を見ていたのですが、チョコと名前を呼ぶことに違和感を感じたこと。
鼻に特徴的なしわがあって、語呂合わせの意味もあるのですが「幸せ」から「ハッピー」と命名することにしました。
「ハッピー」って毎日呼んででいたら、なんか気分も良くなるような気もしたもので(*^^*)


「ハッピー」を保護した経緯を下に簡単に書いておきますね。

我が家の庭には、時にいろいろな生き物たちが姿を見せる事があるんですよ。
野鳥や猫(飼い猫、野良)たちも含め、捨てられたと思われるような犬も見かけたことがありましたね。

先日もふと外を眺めていると、生まれたばかりかと思われる猫を偶然、発見(@_@)
どうせすぐに立ち去るのかと思っていたら、なかなか動こうとはしませんでした。
そうこうしているうちに、チビ太とらんまるを外にうっかり出してしまったんですね。

そうしたら、らんまるが子猫に近づき、威嚇するそぶりをみせたので、子猫は走ってどこかに移動しました。
それで慌てて庭にでて、子猫を保護することにしました。

庭に出て探していると、その子猫は草むらにうずくまってじっとしていました。
本当にまだ小さく、片手で余裕をもって捕まえようとしたら思いっきり指をかまれてしまいました(^^;)
少々の出血はありましたが、この子の事を考えると手を離すことはできませんでした。
体は小さいのに歯はしっかりしていて、爪も伸びきっていて、野良として自立していたのがうかがえました。
生後2ヶ月くらいでしょうか、男の子です。

噛んだり引っ搔いたりして、とにかく慣れさすのに1週間くらいはケージに入れて様子を見ることに。
子猫を様子を見る限り、外で生まれてそのまま野良として生きてきたように思えました。
でも、画像を見て心当たりがある方は、ご連絡くださいね。




保護して1週間くらいした頃の「ハッピー」です


誰もいないとリラックスした様子を見せてくれる様に。
小さな段ボール箱をケージに入れておいたのですが、それで遊ぶようになっていました。
近づくと「シャーッ」と威嚇するのに抱っこするとおとなしくしているんですよね。
シャンプーして、ノミなどの駆除をしてさっぱりしてもらいました。
その時も、お利口さんにしていたので、逆に私の方が驚くほどでした。




それから1週間後・・・気持ち、大きくなったような。


ケージから外に出たいと思う様になったみたいです。
相変わらず、手を差し出すと「シャーッ」っと威嚇しますが、攻撃はしてきません。
それどころか、抱っこするとゴロゴロと気持ちよさそうな仕草を見せる様になりました。





らんまるの事がお気に入りのようです


らんまるは子猫を見ても威嚇しなくなりました。
子猫もらんまるの事が気に入ったようで、先日は、らんまるのしっぽにじゃれて遊んでましたよ。




今日あらためて顔を見ると、鼻の先端にしわがあるのが見えました。


ネットで見てみると、鼻のしわは「鼻紋」と呼んでいるのでしょうか。
他の猫たちとは明らかに違っているので、名前を改めて考えてみることにしました。




黒色と言うより、チョコレート色のようで、毛づやも良いですよ。


食欲旺盛で元気いっぱいなので、病院でのチェックは給料日まで待ってもらうことに。
また、経緯は後日報告させてもらいますね。






久しぶりにクロの写真もアップしておきます。


クロはいつもカメラ目線なので、撮影が楽です(笑)








応援よろしくお願いします<(_ _)>
↓             ↓          
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへにほんブログ村






| ねこまさ | 猫の保護について | 21:24 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
猫のハナちゃんを保護しました。
残暑お見舞い申し上げます。
またまた、久しぶりの更新となってしまってすみませんm(_ _)m




先日、イベントの帰りに知人と歩いていたら、草むらから出てきた猫が鳴きながら近寄って
来てくれたんですね。
その場所は、足利市にある有名なお寺の敷地内で、周辺のお店、お寺の方に尋ねても、見たことが
ない猫だと聞いて、最近住み着いた猫だという事が分かりました。
お寺の方に「可哀想だから保護したい」旨のお話をしましたら、快く承諾して頂きました。

ノルウェージャン風のガリガリに痩せたその猫が、以前は飼い猫だった事は人懐こい様子から見てもハッキリとわかりました。(首輪をしていた跡も残っていました)

ただ当日は準備していなかったこともあり、その場はいったんキャットフードを食べさせて帰宅することにしました。
でもその後も、やはり気にかかって仕方なかったですね。
助けを求めてきた猫をそのまま置き去りにしてきてしまったという後悔もあったからです。

その後、三度目に様子を見に行った時に、幸運にも再会することが出来ました(^_^)
なんと簡単に抱っこできて、そのまま保護することができたんですよ。
穏やかな猫の様子から家出したようには見えませんが、心当たりがある方がいらっしゃったらご連絡ください。
よろしくお願いします!



シャンプー後の様子です。


まず最初にノミ取りシャンプー、それから全身の毛玉の部分をカット。
その後、他の猫もいるので慣れるまでケージの中にと思ったら猛烈な抗議にあって断念(^^;)





名前は、保護した経緯から「ハナ」ちゃんに決定


病院で診てもらったところ年齢は7〜8歳の女の子
食事とトイレ以外はほとんど動かないので、もう少し上かも知れませんが・・・。

性格はおっとりタイプですが、用事がある時はしっかり動き、大声で自己主張もしてくれます(^^;)
ただ歯周病のようで、命にも関わるので歯磨きは欠かせないかなと思っています。





ちゃま(下)とチビ太(上)


相変わらずの師弟関係のようで、チビ太はちゃまの事を尊敬しているように見えます。
以前の体型から想像できないと思いますが、ちゃまは筋肉質になり体重は6キロを超えましたよ。
チビ太も、小さいのに体重が5キロもあって驚きました。







ちゃまは我が家のリーダー


ちゃまは嗅覚が鋭いので、ハナちゃんが来てからは少し不機嫌になっています(苦笑)
家族を守るという意識が強いちゃまは、きっとまだ納得できてない事がたくさんあるんだと思います。
ちゃまがハナちゃんを受け入れてくれるのには、もう少し時間が必要かも知れないですね。
ちゃまは基本が優しいので、納得してくれるまで気長に待ってみるつもりです。



エルザの宣伝は予定を変更して次回にさせていただきますね。










応援よろしくお願いします<(_ _)>
↓             ↓          
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへにほんブログ村






| ねこまさ | 猫の保護について | 20:05 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
猫の保護活動と我が家の猫たちです。
先日は猫友達の紹介で、猫の保護活動を20年以上も続けているTさんにお会いして来たんですよ。
何の活動もしていない私はというと、会う前は少し緊張気味でした(汗)

猫たちが保護されている施設に入ると、ケージに入れられた沢山の猫たちがいました。
親子で保護された猫、凶暴な猫、人に馴れている猫、人が怖いのか猫じゃらしを向けても無反応な猫、保護されて来たばかりで、まだ目が開いていない赤ちゃん猫までいましたよ。
見せてもらったのは保護された一部の猫たちのようでしたが、それでも50匹以上はいたと思います。
Tさんが保護を頼まれると断れないのは、「断ったら猫たちの命がなくなるから」だそうです。

子猫にミルクを飲ませていたTさんの優しい表情を見ていたら、猫友達がなぜTさんを紹介してくれたのか、理由がわかったような気がしてきました。
お話し出来た時間はわずかでしたが、魂のレベルの高さまで自然と伝わって来ましたよ。
強い信念と深い優しさを持った方は、それが表情から伝わって来るんですよね。
こういう活動をされている方は、社会からもっともっと評価されるべきだと思います。




さて話は変わって、我が家の猫たちです。

ちゃまが突然、声変わりしてしまい低い声で鳴くようになったんですよ。
まさか煮干しの食べ過ぎでということではないとは思いますが・・・一応病院へ連れて行きました。


チビ太とピョンが心配そうにキャリーのそばにやって来ましたよ。





ちゃまはキャリーに入れられてもおとなしいです。







熱はなかったようなので、ノド薬を処方されました。
そして今回も病院では、「行儀が良いですね」と褒められたちゃまなんですよ(^_^)
ちゃまを病院へ連れて行くのは本当に楽なんですよね。
翌日から、普通の声がまた出せるようになりましたよ。





猫たちのご飯は、いちおう大人用、子供用と分けて置いてあります。

不思議と大人用のご飯や水飲み場で食事をするチビ太とピョン





一方のクロはなぜか子供用のご飯が好きみたいなんですよね(^^;)





夜は、ちゃまがチビ太(上)とピョン(下)にまた毛繕いをしていました。






その後、チビ太とピョンがじゃれはじめて、そのうちに眠くなったようです。


猫が増えて感じるのは、猫たちの世界の中で私たちが生活しているようになったことでしょうか。
家の中でコーヒーを飲んでいると、ここは猫カフェかなって思うことがありますよ(笑)













応援よろしくお願いします<(_ _)>
↓             ↓          
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへにほんブログ村










| ねこまさ | 猫の保護について | 19:40 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
新しい家族とお詫び
実は以前、クラフトサロン内で飲食店を開きたいと書きましたが、店舗改装が困難などの理由で結局は出来なくなってしまいました。
わざわざご連絡下さった方には本当にお詫び申し上げます<(_ _)>
でも、立ち止まってはいられませんので次の目標に向かって準備を進めていきたいと思います。


それからもう一つお知らせがあります。
ミークロ、コン太、ちゃま、そして今回さらに新しい家族が増えたのですよ(^o^)

佐野市内で、猫が大好きで猫の保護活動などもされている方から連絡をもらったんですよね。
「友達のお家で、猫が4匹生まれたので見に来ませんか」そういう連絡でした。
もちろん見てみたいということをすぐに伝えました。

それから夕方近くにまた連絡をもらい受け取りに出かけました。
出かけて見ると、またそこでも心優しい人達に出迎えられたんですよ。

そういう優しい人達っていうのは、やっぱりどこか表情が違うんですよね。
私も優しさが表情ににじみ出てくるような、そんな人間になりたいといつも思います。
でもなかなかそんな風になれないんですよね(^^;)

猫たちは生後1ヶ月程度ということで、後で考えたら少し親から引き離すのは早いかなと思いました。
でも引き取って、兄弟仲良く遊んでいる様子を見たら大丈夫かなと思っています。



そんなわけで、まだ名前はこれからなのですが子猫たちを紹介しますね。


この子は男の子、長く抱っこしていても嫌がりませんでした。
性格は穏やかですが、遊ぶ時は元気いっぱいですよ。









この子も男の子、良く鳴いて自己アピールを忘れません。
この子は、長時間の抱っこは嫌がります。
少しアメショ柄が入っているような気がします。
性格は、他の猫に唸られたら唸り返すような勝ち気な面がありますね。









兄弟一緒だからでしょうか、ちゃまの時と比べて緊張感はないように見えました。












もう既にこの頃の年齢で性格が表れるのも不思議な気がしました。
この子は後ろ足をぺたっと地面につけながら歩くのが、少し気にはなるんですよ。
でも活発に動き回りますし、食欲も旺盛なので問題はないでしょうかね。
今度、歩く姿を動画で紹介してみます。









先住猫たちがいるので、しばらくはケージの中で生活してもらいます。
でも、外に出たいと大騒ぎするので、外で遊ばせたりもしますよ。
ドアを閉めてもケージのすき間から、出てくることもあるので困ります(苦笑)













まだ名前が決まっておりませんので、良い名前があったら教えて下さいね。
今日は家に来て2日目、写真はありませんが慣れてきたのか元気に走り回っていましたよ。













応援よろしくお願いします<(_ _)>
↓             ↓          
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへにほんブログ村











| ねこまさ | 猫の保護について | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
忘れられない動画
被災地でのペットの現状などを耳にする度に何とかしなければと強く思います。
今の私は思っていても、現実にはなんの活動もしていないんです。






犬猫救援隊ニュース





被災犬 心の叫び






福島原発周辺で取り残されたペットが過酷な状況




忘れたくないので貼っておきました。
東北地方太平洋沖地震犬猫救援活動ブログのリンクも貼っておきます。
















応援よろしくお願いします<(_ _)>
↓             ↓          
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへにほんブログ村









| ねこまさ | 猫の保護について | 22:38 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
2匹の猫と食品衛生責任者
実は、アパートを引っ越すにあたり、どうしてもその前に三毛猫を保護しなくてはという思いが強くなったんですよね。
猫がケンカしている声などを聞くと心配で仕方なかったんですよ。
それで、思いきって猫に餌をあげているおじさんに電話で聞いてみることにしたんですよね。
するとおじさんに、あの三毛猫と白ネコは、地域猫として何人かの方々が大切に面倒を見ているということを聞かされたんです。

おじさんが用事で、餌やり出来なかったこともあったようでしたが、そういう方々の存在を知って安心して出かけられたと話してくれたんですよね。
私は、そんな事実も知らず、保護しなければってずっと一人で思い悩んでいた訳でした。
電話ですぐに確認すれば良かっただけの事なのに・・・
たまに様子を見て心配している私のような人間と、毎日お世話をしている人達の大きな差を感じてしまったのでしたしょんぼり

私はそのお話を聞いて、ホッとすると同時に全身の力が抜けたようになったんですよね。
それと三毛猫とは縁があると思っていただけに、寂しさもありました。
心配して、体験談やアドバイス、また応援下さった沢山の方々、勘違いで大変申し訳ありませんでした<(_ _)>



今日のクロとちゃまのお昼寝の写真です。






話は変わりますが・・・


昨日は、天気予報通り朝から雪が降っていましたね。
そんな昨日、食品衛生責任者の講習会に出かけてきたんですよ。

時間は、朝9時〜16時で、最後に15分程度の試験がありました。
講習会の方は退屈するかと思いきや、予想に反して興味深い内容でしたよ。
例えば、消費期限と賞味期限の違いとか、食中毒についてのお話など、知っていそうで知らないお話をたくさん聞くことが出来たんですよね。
飲食店を開業する時に、なぜ保健所の指導があるのかも納得でした。

特に日頃から筋肉量を増やして汗をかき、体温を上げるようにしていると免疫力を作り体に良い、というようなお話は、誰が聞いても喜びそうなお話だと思いましたよ。



これで店舗が見つかり許可が出れば、いつでも開店できます。










今年も応援よろしくお願いします<(_ _)>
↓             ↓          
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへにほんブログ村






| ねこまさ | 猫の保護について | 13:21 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
タイミング
最近は人懐こい野良猫に出会うことは少なくなった気がしているんですよね。
なのでたまに人懐こい野良に出会うと嬉しくなるんですよ。

でもいつまでも人懐こい野良猫のままかというとそういう訳ではありません。
もし人懐こい野良猫を見たら、なるべくその時に保護してあげられるように
いつも準備をしておくべきだというのが教訓です。


以前、人懐こかった頃の写真です。


初対面でも撫でさせてくれて、抱っこも出来たんですよね。
この時に、保護していればなんの問題もありませんでした。




その後1ヶ月後ほどして猫を保護しようとしたら、以前の人懐こさは消えていました。
猫の目はすっかり怯えきっていたんですよね。
その間に何があったのか・・・私も責任を感じています。








一度捕獲に失敗しているので、カメラを取りだそうとしただけで隠れてしまいました。
まだまだ時間はかかるかも知れませんね。
人懐こかった頃を思い出すと、今が可哀想すぎます。














今年も応援よろしくお願いします<(_ _)>
↓             ↓          
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへにほんブログ村










| ねこまさ | 猫の保護について | 00:24 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
長期戦の予感
ご報告が遅くなりましたが、愛玩動物飼養管理士2級の合格通知が20日に届いたんですよ(^o^)
今後は資格の名に恥じぬよう、小さな命の為にもっと力を注がねばと考えております<(_ _)>




1月で仕事も終わったので、アパートからの退去を考えているのが2月の中旬頃なんですね。
それまでには、猫を何とか保護してあげたいとは思っているのですが・・・

今日も三毛猫と白猫の様子を覗いて来たんですよ。
白猫は、顔を覚えてくれたようで、ある程度の距離まで大丈夫になってきましたね(^_^)



白猫が少しだけ、馴れてくれたような気がします。








これくらいの距離まで近づいてくれましたよ。


この様子を見ていたら、通りがかりのおじさんが話しかけてくれたんですよね。
「捕獲器を使った方が良いよ」ってアドバイスをくれたのです。
なんだかこの様子を見ていたら、白猫も保護してやりたくなってしまいました。
でもこの状態で白猫を捕獲したら、三毛猫は永遠に捕獲出来なくなると思ったんですよね。







一方の三毛猫は・・・


少し距離をとってこちらの様子を窺っていましたよ。










やはり時間をかけないと難しいんでしょうか。
しかも白猫、三毛猫を同時に捕獲する事なんて難しいんでしょうね。
いつも2匹でいるのを見ていたら、引き離すのが可哀想になってきたんですよ。
いずれにしても時間をかけて、撫でさせてもらえるくらいにならなくてはと思っています。













今年も応援よろしくお願いします<(_ _)>
↓             ↓          
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへにほんブログ村






| ねこまさ | 猫の保護について | 21:19 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
ふりだし
三毛猫を保護するのに失敗してから、創業準備の為に猫達の住む家へしばらく帰っていたんですよ。
私が留守の時だったのですが、クロとちゃまが庭を散歩していたら、以前紹介したハチが現れたそうなんです。
その時ハチが、ちゃまに小さく唸ってきたらしいんですよね。
ちゃまが後ずさりしていたら、横からクロがハチに軽くパンチを繰り出して、追い払ってくれたそうなんですよ。

臆病だったクロがこんなに強くなって、ちゃまを救ったという話に感動してしまいました。
猫達はいつのまにか強い絆で結ばれていたんですよね(^_^)v


強くなったクロ





コン太とちゃまの仲良しぶりも相変わらずです






庭に来たスズメを見ていたちゃま


ちゃまの背中が哀愁を誘います。










外では臆病なのに、窓から外を眺めるのは大好きなんですよ。
早く遊んでくれる猫が来るといいね(^_^)






*三毛猫の保護について

猫の保護に関して、たくさんの応援やアドバイス、体験談、ありがとうございました<(_ _)>
今日は、保護失敗から久しぶりにアパート近くにいる三毛猫の様子を見てきたんですね。

一度目に行った時は、以前見た白い猫が一匹で待っていました。
三毛猫はいなかったので、餌を置けば三毛猫も来るかと思い、しばらく待ってみたんですよ。
でもその時は姿を見せず、白い猫は餌を食べ終えるとどこかにいなくなってしまいました。

二度目に行った時は、三毛猫だけが座って待っていました。
餌を手前に置いてこちらに誘導しようとしたのですが、まったく動こうとしなかったんですね。
やはりまだ警戒している様子だったので、今日は餌だけを置いて立ち去ることにしました。
とりあえず顔つなぎだけして、明日また様子を見てみたいと思っています。
(写真を撮ろうと思って行ったら電池切れでした、次回は写真でも紹介しますね)










今年も応援よろしくお願いします<(_ _)>
↓             ↓          
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへにほんブログ村





| ねこまさ | 猫の保護について | 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
失敗でしたが、小さな一歩
今日は朝から、昨日の三毛猫のことが頭から離れませんでした。
1ヶ月ちょっとの間に、すっかり臆病な猫に変身してしまっていたからなんですね。

経緯を訊ねようにも、猫に餌をやっていた優しいおじさんとは、その後一度も会えていません。
その間、何があったのかを想像せずにはいられませんでした。

馴れていれば別ですが、昨日のように人を恐れるようになっていると難しいと感じました。
ましてペット禁止エリアでの捕獲となると、いろいろ言って来る人もいるので緊張してしまうんですよね。
私は怒鳴られたりするのが苦手な臆病な人間だからです。

なのでまず穏便に保護する方法はないか、思いつくところに電話をかけさせてもらいました。
(それから猫の事でもお世話になっている方々へも・・・お忙しいところにすいませんでした。)
でも、猫の保護に関しての具体的な相談場所っていうのは、当然ながらないんですよね。



今日も猫は、いつもの時間にいつもの場所に座ってくれていました。
以前は顔を覚えていてくれて近寄って来たのに、今ではすっかり忘れ去られてしまったようです。
それよりもむしろ、こんなに長期間放っておかれて怒っているようにも見えました。

でも餌をやっているうちに、やっと撫でさせてもらえるようになったのですよ。
なので瞬間、捕まえてそのままキャリーに入れようとしました。
でも凄く暴れて、ひっかかれてしまい失敗だったんですね(苦笑)





 



その後また夜に、猫の保護活動をされているというHさんに電話をさせてもらいました。
お話しはたくさんありましたが、やはり猫の保護の仕方についてを今は一番お聞きしたかったんですよね。
(ご無沙汰していながら図々しくてすいませんでした、これからも宜しくお願い致します)

やはり猫の保護は、一度失敗するとしばらくは間を開けないと難しいようですね。
それ以外にも猫関連のお話いろいろと教えて下さってありがとうございました。

今度こそは、しっかり保護して助けたいと思います。
保護活動の初心者の私なんぞにアドバイスなどありましたら、どんどんお寄せ頂けたら、光栄なことだと思っております。
猫を愛する、小さな命も大切にする心優しい皆様、これからもよろしくお願いします<(_ _)>















今年も応援よろしくお願いします<(_ _)>
↓             ↓          
にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼いへにほんブログ村







| ねこまさ | 猫の保護について | 23:12 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
生後3ヶ月〜9ヶ月までのミークロ


ちゃまとコン太の紹介
2009年6月生まれのちゃま♂

賢くて優しかったコン太♂(2012年8月末行方不明)

出会いと悲しい別れ
2011年4月生まれのチビ太♂

2011年4月生まれのピョン♂(2013年9月虹の橋を渡りました)

2011年5月生まれのらんまる♂

ハナちゃんと出会ったとき12才位?♀(2015年11月虹の橋を渡りました)

2016年6月生まれのハッピー♀

MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ